債務整理とは わかりやすく

 

債務整理とはなんぞえ?
借金を減らす方法っぽいことはわかるけど、ほんと?なんて疑問に思うはず。

そこでここではわかりやすく債務整理をざっくり説明しますね

 

債務整理とはまさに、借金問題を解決する方法です。
債務整理の中には「任意整理」や「自己破産」などが含まれます。
この2つが有名ですよね。

 

任意整理

債務整理のイメージは、この任意整理でしょう。
法律とは別に、貸した人と借りた人が任意に借金を整理します。

たとえば払えなくなったので、借金の総額を減らしてください!
これで貸した側がOKすれば借金はへりますよね。

この手続きです。

 

破産手続き

こちらのイメージが怖いですが、お金もう払えません!
となるのが、破産です。

破産も手続きすることで借金はチャラになります。
チャラというと誤解を招きますが、無理な借金で自殺などをされても社会的損失ってことですね。

人権的な問題ともいえます。

 

どちらがいい?

このほかにもありますが、個人の場合は金額や条件によってほとんど任意整理になるはずです。

そもそもの金額が少ない(数百万程度)なので、さらにこの時に「過払い請求」を行うことで、そもそもの借金が減ります。

これなら分割でいくらか返済できるでしょう。
貸した側も挟んでチャラになるくらいなら、いくらかでも返済してもらったほうがよいですから。

 

ほかにも手段ややり方がありますし、あなたが考えている以上の方法もあります。
なので借金問題なら1度プロに相談して、選択肢を確認しておくといいと思いますよ。