債務整理のメリットデメリット

 

債務整理を考えた場合、気になるのはメリットとデメリットでしょう。広告はよく見ても宣伝はあくまで宣伝ですから、いいことしか言ってないんじゃないか?と心配になるはず。 そこで、損得を冷静に考えて検討しましょう。

 

債務整理のデメリットは、ブラックリスト(信用情報機関に、事故情報)に掲載されることです。 具体的に新しくクレジットカードを作ったり、ローンを組んだり出来なくなります。ただし5~7年程度で情報は消えるので、将来の事を考えるなら早く手続きしてしまった方が早くデメリットを無くすこともできます。

 

メリットは、具体的に言えば取り立てがすぐになくなることでしょう。 特にプロミスやアコムなど複数の会社を利用している場合、数日おきに支払日が来たり催促が来ていますよね。 その催促がなくなります。これが一番わかりやすいメリットではないでしょうか。 金融機関からの返済に参っている場合、これだけでも平穏な日常を取り戻せます。

 

債務整理とは?

 

メリットデメリットは分かっても、そもそも債務整理とはどんな手続きなの?と気になるかもしれません。 簡単に言えば、「借入金額の返済が難しいので調整して欲しい」と、各金融機関に交渉することです。 交渉と言っても、調整にNOと言えば破産してしまうかもしれないので(破産したら返済は0円)基本的にはどこでも応じるのです。

 

調整とは、借金の総額や今までの返済金額などを計算し、グレーゾーン金利の過払い金などを相殺します。

【1】減額 あなたが3年以内(法的ルール)に支払える金額に調整されます。

【2】過払い返金 返済実績を確認し、グレーゾーンで返済していた分などを相殺します。※過払い請求 

【3】返済 手続きが終わると、各金融機関に3年かけて返済します。

 

これらの作業は自分でもできます。 が、各種の書類の準備や、各金融機関との交渉も全部行うため、取り立てがすぐに亡くならなかったり、相手側の交渉人とのやりとりに時間をとられることになります。 そうならないためには、こちらも司法書士や弁護士、税理士などプロに依頼することで、相手もスムースに債務整理に強力することになります。

 

  • 毎日のような取り立てに困っている方
  • 返済のためにキャッシングをするようになってしまった方
  • 時間の拘束がありません。(裁判などではないので、スムースに手続きが進みます。)
  • 秘密のまま追われます。 裁判などをするわけではないので、書類手続きだけで進みます。
  • 破産者名簿(市町村役場の)に掲載されません。 破産とは違います。

 

債務整理のプロランキング

できだけ早く、できるだけ高いところが知りたい!という方のために、早く金額がわかる候補数も多いという基準で、買取業者をランキングにしました。

トータルでの入力項目は、だいたいどこも同じです。 あなたのお近く音お店もピックアップしてくれます。 早ければ数分後には金額(だいたいの相場)がわかるので、今すぐ津確認しておきましょう。 最高値を追求すコツは、ガリバーやカーセブンなどの加盟店がダブらないサービスを複数申し込むことです。 一手間増えますが、試乗での最高値を見付けることができます

 

司法書士法人杉山事務所

 

 

  • 「消費者金融が恐れる司法書士」 て日本一として紹介。
  • 債務の残存する場合金50,000円(税抜)
  • 債務のない場合金5,000円(税抜)
  • 過払い金の報酬・返還された額の20.4%(税抜)~
  • 東京、大阪、名古屋、福岡、広島、仙台、岡山に事務所あり。